星読みアロマ

今日は午前中星読みアロマでした058.gif


e0268535_13184856.jpg



星読みアロマでもお伝えしておりますが



2017年は「 自分を取り戻す 」がキーワード。



人間は古代から、儀式や宗教的礼拝、ヒーリングや



日常生活において芳香物質を原材料として使われていた



形跡が壁画や彫刻に記録として残されています。



植物は太陽の光、大地、水、空気、月の光など自然界の



エネルギーを受け、そのサイクルの中でたくましく



生きています。



人間と異なり、植物は感情をもたないので育っていく過程で




葛藤を抱くことはありません。




雨にも負けず、風にも負けず、真っ直ぐに自分の生きる道を



全うしていきます。




植物にはそれぞれに純粋で真っ直ぐなエネルギーが備わって




います。




そして、私達はその純粋な植物の姿に自らを重ね合わせ




想いを寄せて生きてきました。




地球には自然の流れのように大きな時代のサイクルがあります。



私達は人間として様々なことを体験する為に地球へ




やってきました。



時代の大きな流れによって翻弄され、迷い、自分自身を




見失うことも体験してきました。




人や動物や植物が調和し、分かち合い愛し合い





尊重し合えた美しい日々もあれば、





自分や他人を信じられず、疑い、騙し合い、傷つけあった




悲しい日々も。。




香りは感情を司る大脳辺縁系や記憶を司る海馬に




ダイレクトに働きかけるので、美しい日々を思い出すことも





あれば、悲しい記憶を思い出させることもあります。




美しい日々を思い出したときは、その喜びを感じその感覚を




信頼しましょう。




反対に悲しい出来事を思い出した時は、その出来事や




感情を素直に認めて解放していきましょう。




人間は闇の時代、抱えきれないほどの悲しみや憎しみ、怒り




惨めさ、無力さを感じてきました。



本来の純粋な状態を取り戻す為には、いつしかしまい込んで




しまった悲しい出来事やそれにまつわる感情を解放して




いくことがキーワードとなります。




私達が 「 こうありたい 」と望み願うことは




今現在が、その状態ではないことを表しています。




「 こうありたい 」の 裏側には




「 そうできなかった時代や状況があった 」




と、いうこと。




その出来事や感情をありのまま受け止めて解放することで




本来の自分自身を少しずつ取り戻し、




「 こうありたい自分 」へと決断し、行動していくこと




へと近づいていきます。





しかし、出来事をありのまま受け止めるというのは





結構辛いものがあります。



なので、人はおのずと避けてなかったかのようにしてしまう




のです。




香りは本能で好き、嫌い、心地よい、心地よくないに




反応します。




心地よい好きな香りはもちろんその方が本能で求めている




状態を教えてくれております。




一方、嫌な香りは自分自身が見たくない蓋をしてきた




感情や出来事を教えてくれています。




こんなにもそれが嫌だったということを。




又、嫌いな香りの性質・パーソナリティーを




魂のふかーーい部分で、実は求めている、、





ということもあります027.gif




面白いことに、苦手な香りにもメッセージがあるのです。




そんなことは言っても




悲しい出来事や感情なんて誰しも感じたくないし




すぐにでも忘れてしまいたいものです。




この反応も人間としては自然で当然な反応でもあります。




わたしもかつてそうだったし、今も名残はあります085.gif




でも、溜め込まずにその都度メンテナンスを心掛けて




いる今日この頃です。





今年は特にその香りの力を借りて、皆様のサポートが




できたらと思います072.gif


e0268535_13201584.jpg

(こちらは先週の星読みアロマの様子です072.gif


今日の夜の部で、星読みアロマ2016年が終了いたします。


【 星読みアロマ年間講座2017 】

第1回目の牡羊座は練り香水を作ります056.gif

◉ 3月11日(土) 10時から、15時から
15日(水) 10時から、19時から


*星読みアロマ2016卒業生の方から感想文をいただきました072.gif
こちらをご覧ください。




[PR]
by soleil444 | 2017-02-15 10:48 | ソレイユ | Comments(0)